REASON OF CLUBなぜスイミングクラブ?なぜフィットネスクラブ?

スポーツアカデミーの想い

スポーツアカデミーは「安心・かんたん・楽しい」をテーマに「運動初心者」と「シニア層」の方にも喜んでいただけるサービスを目指し「健康で若々しくあり続けること」の実現のために魅力ある商品・プログラムの提供を目指します。
現代社会では運動を日常的にする環境が減っております。健康は人生の目的ではありませんが、
健康を失うと人生の目的も失ってしまいます。
そこでスポーツアカデミーでは「運動の習慣化」を提唱しています。
運動はしたいけど、なかなか行動に移せない、長く続けられない、わざわざお金を使ってまで運動・・・・。
そのような方の運動習慣の方法をお伝えし地域の皆様の健康ライフに役立ちたいと想っております。

運動習慣が身につく3つのポイント

  • 1.目的が共通した仲間が安心して集まれる場所が地域にある。
  • 2.運動に最適な器具や安心で簡単なプログラムが揃っている。
  • 3.適切な指導でサポートしてくれるインストラクターがいる。

スポーツアカデミーでは、この3つを運動習慣が身に付くポイントと考えスポーツクラブを運営しています。

スポーツクラブは敷居が高い、またハードルが高いと思っている方、さらに運動初心者や運動が苦手な人にも運動習慣が身に付くよう「安心で簡単で楽しい」プログラムを用意しております。運動をわざわざしたくない・休日は家でくつろぎたい、と言う声もよく耳にします。
ただ、実りある人生にしたい、健康で若々しい人生を送りたいという観点でみると、健康寿命を長くする為に運動習慣を身につけようという考え方もあるのではないでしょうか?スポーツクラブに通う習慣ができた会員様の多くは前向きな考え方ができるようになると言う報告もあります。スポーツアカデミーでは皆様の運動習慣のお手伝いをするために「明るく」「元気」な応対でお迎えする「元気のでるクラブ」の実現を目指します。

スタッフ一同

日本社会の問題点

日本は世界一の健康保険制度が整い、世界稀な長寿国家となっています。
そのためか健康を害するとまず病院・・・
健康への危機感を持つ予防医学よりも治療医学が発達し過ぎている結果とも言えます。
また日本のスポーツや運動の価値観は幼少期から躾と併用した体育という教育環境が根強く残っているため大人になってから運動を再スタートするときにも同じような頑張りをしてしまうことも言えます。一時的なダイエットやリハビリの話題ばかりが取沙汰され、『頑張る事で健康を手に入れる』という観念が強く、運動を日常の生活習慣にしようといった考え方をするのには難しい状況です。運動とは本来「健康や楽しみ」のために体を動かすことであり、スポーツはその運動を一定のルールにしたことを指します。
是非とも楽しんで運動をして、健康ライフを手にしてほしいと思っております。
スポーツアカデミーでのクラブライフを楽しんでいただけるように努力し続けます。

スイミングスクールの必要性

今も昔も子どもの習い事のダントツ人気の上位にランキングされるスイミング。習い事アンケート調査を見ると「4〜5人に1人の子どもがスイミングスクールに通っています」「過去に通ったことがある」については、2人に1人以上と予測されます。

では、なぜスイミングスクールが人気なのか皆さんご存知でしょうか?
進級の基準があることで子供の上達が目に見え、喜びや達成感を共感しやすいことにあると考えております。
そして泳げるだけでなく着衣泳等の安全優先の指導を提唱していることもあり海や川遊びによる万一の水難事故に遭遇した際にも、危険回避ができます。
またある程度泳げる事で水泳以外のマリンスポーツへの挑戦もできるので、人生が実り豊かな物となります。
TVで大規模災害による水害や水難事故の報道を見て、生活に密着する水に対する潜在的な恐怖感や不安感を抱いている子供たちにとっては大きな関心毎ともいえるかと思います。
英会話・ピアノ・体操・サッカーなどの習い事と比較し「泳ぎの習得」は、“将来に役に立つイメージ”が低く感じるという声も聞きますが『危険回避』や『豊かな人生』といった観点で考えるといかがでしょうか。また、子どもの体力をつけて健康に育って欲しい」「小学生までにある程度泳げる子どもにしたい」と言う親御様の想いも人気の理由です。

小学校の新学習指導要網

小学校の 「新学習指導要綱」では「生きる力」として「安全」「健康」を通じた「楽しく明るい生活」を営む能力を身につけるため、体育の授業科目として行われています。水辺が身近にある日本では、世界に例がないほど「水泳」の授業が重要視され、ほとんどの学校で取り入れられています。
一方、地域性もあるかと思いますが、学校の授業だけでは理想とする泳力を身に付けるには授業数の問題もありハードルが高く、泳ぎが上達せず水泳嫌いになる子供がいるという課題もあります。

スポーツアカデミーにお任せください

上記を踏まえ、スポーツアカデミーでは社会教育的立場で「安全を優先」とした「健康と体力」に繋がる泳力をつけていきます。
また、授業対策以上に本質である「お子様の自信を養う」泳力をつけて欲しいと考えます。
技術の成長・泳力の習得だけでなく、水泳を通じて「明るく元気でたくましく、礼儀をわきまえた子供を育てたい。そんな想いを込めてお子様をお預かりしております。礼儀と規律、子供なりの教養を大切にしてスポーツと躾のバランスをとった指導を心がけております。
『挨拶』と『感謝』を養い、子供達が水泳技術の習得と人間性でも大きく成長しスイミングスクールを卒業して社会に出たときにも役立つよう全力でサポートさせて頂きます。